会社案内

トップ > 会社案内

ごあいさつ

この度は、大一電機株式会社のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。代表の紺谷と申します。「大阪で一番目に作った自分の会社」という意味で創業者が大一という社名にした古き良き経緯からもお分かりのように、弊社は日本が高度成長期前夜に創業をして現在に至る古い会社です。
いわゆる製造業の海外シフトが指摘されて久しいですが、その中にあっても弊社はその流れに敢えて乗ることはなく国内での製造、サービスのご提供にこだわってまいりました。最大の理由は弊社にお客様が期待されている仕事の大半が大量生産に適したものではなく、品質の良いもの、種類の多いものを少量、しかも短納期で欲しいというニーズに基づくものだからです。すでに廃盤になった部品やブレーキの修理など、こうした業務はひとつひとつの機械に向き合ってお客様のご要望をかなえる方法を探していくという職人芸に近いものです。
しかし、最近はまた製造業の大きな流れが変わりつつあります。かつて先を争うように海外に移転していた製造拠点が続々と国内回帰しており、弊社への引き合いも確実に多くなっています。「安易に海外シフトしなくて良かった」と結果論で考えるのではなく、国内で必要とされる仕事をしてきたことが評価されてきた積み重ねであると実感しています。
弊社では現在、クレーンのブレーキ修理に関するご相談やご依頼がとても多くなっています。理由は簡単で、他にブレーキ修理を手掛けていた業者さんの技術の継承が途絶えてしまい、以前と同じような修理ができなくなったからだと考えられます。ものづくりの繊細な技術は、一度途絶えてしまうと継承されません。だからこそ、私たちは技術の継承という日本のものづくりにおける大きなテーマにも取り組み、世界から信頼される素晴らしい技術を守り続けていきたいと考えております。
これからも大一電機は日本のものづくりが持つ技術や文化をしっかりと継承して、お客様に満足していただけるメーカーとして、修理屋として、そして知恵袋として社会全体に貢献できる会社であり続けたいと考えておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

代表取締役 紺谷 彰良

会社概要

会社名 大一電機株式会社
本社
  • 〒537-0023 
  • 大阪府大阪市東成区玉津2丁目18番40号
  • TEL06-6981-0307
  • FAX06-6981-0309
倉敷支社
  • 〒710-0253 
  • 岡山県倉敷市新倉敷駅前5-107 303号
  • TEL086-523-5088
  • FAX086-523-5089
東京支社
  • 〒136-0071 
  • 東京都江東区亀戸2-38-9 401号
  • TEL03-5628-5437
  • FAX03-5628-5438
資本金 1,000万円
設立 昭和33年1月25日
代表取締役 紺谷 彰良
従業員 25名
取扱製品
  • ・特殊接点(起重機用・船舶用・車両用・配電盤用)
  • ・起重機製品(ブレーキ・モーター・コントローラー)
  • ・銀・銅・真鍮材料
  • ・その他各種メーカー製品
  • 川崎電機製、東芝産業機器製、日立製作所製、富士電機製、三菱電機製、明電舎製、安川電機製、シンフォニアテクノロジー製、住友重機械工業製、サツマ電機製
取引銀行
  • 三菱東京UFJ銀行鶴橋支店
  • りそな銀行鶴橋支店
  • 三井住友銀行鶴橋支店
  • 永和信用金庫今里支店
  • 大阪信用金庫玉造支店
大阪商工会議所
IPROS
大阪モノづくりガイド

沿革

昭和32年12月 株式会社大一電機製作所を設立。
昭和35年 7月 三菱マロリー冶金工業(株)近畿以西の指定工場として指名をうける。
昭和49年11月 製品の多角化に備え、現在地に鉄筋コンクリート4階建本社社屋並びに工場建設。
昭和51年 1月 倉敷支社を開設。
昭和60年 6月 株式会社大一電機製作所を、大一電機株式会社に社名変更。
昭和61年 3月 三菱金属(株)指定工場並びに代理店の指名をうける。
平成 7年 6月 東京支社を開設。

アクセスマップ

本社アクセス
〒537-0023 大阪府大阪市東成区玉津2丁目18番40号
TEL.06-6981-0307 FAX.06-6981-0309

大きい地図を見る

設備紹介

ロウ付け加工、銅加工、ブレーキ修理、金属材料販売のことなら
お気軽にお問い合わせください。

ロウ付け加工、銅加工、ブレーキ修理、金属材料販売のことならお気軽にお問い合わせください。

取り扱い品目

ブレーキ
モーター
金属材料販売
その他
facebookページはこちら
大一電機株式会社BLOG

ページトップへ