ロウ付け加工

ロウ付けとは、金属同士を接合させる技術です。材料を溶かさず、銀ロウという接合用の材料を使います。職人技と呼べるような技術が多く用いられるロウ付け加工において、大一電機は高い評価をいただいております。

バーナーロウ付けで広がる無限の可能性

バーナーロウ付けで広がる無限の可能性

ロウ付け加工には、大きく分けて“バーナーロウ付け”と“高周波ロウ付け”という手法があります。
バーナーロウ付けは、ガスバーナーを手に持って作業し、細かい手さばきや火加減が製品の品質を決めるため、非常に高い技術力を要する、職人の腕が問われる加工です。技術があれば、バーナーロウ付けは製作の自由度が高く、無限の可能性を秘めています。
「大一電機だからできる」と評価していただいている製品の中には、バーナーロウ付けでしか作れないものも多数あります。お客様の「あったらいいな」というご要望も、バーナーロウ付けなら実現できるかもしれません。他社で断られた加工でも、ぜひ一度大一電機にご相談ください。
もちろん、高周波ロウ付けによる金属加工も行っております。お客様のニーズに合わせて、最適な方法をご提案いたします。

良いロウ付けは、良い素材選びから

良いロウ付けは、良い素材選びから

ロウ付けに用いられる銀ロウには、種類が多数あります。製品に求められる性能や耐久性、コストに応じて最適な銀ロウを選ぶことが、良い製品作りにおいては重要です。
大一電機は金属のプロフェッショナルとして、素材選びにもこだわります。コストを考慮しなければ、いくらでも良いものを作ることはできますが、それではお客様のニーズを形にしたとは言えません。大一電機は、“最適な”素材選びにこだわります。常に実現性のあるご提案を行い、お客様のニーズを最優先いたします。

良い素材選びは、広い選択肢から生まれる

最適な素材選びには、幅広い選択肢が必要です。
代理店の場合は取り扱い品目の選択肢において制約があり、
それゆえに素材選びの選択肢の幅を狭めてしまう可能性があります。
大一電機は、品目を問わず製品を取り扱っているため、
お客様のご要望に最適な素材を提案、提供することが可能です。
良い素材選びは良いロウ付けを、良いロウ付けは良い製品を生み出します。

金属材料販売はこちら

W系接点の標準品種

  • Ag-W

    高い電導度を持つAgと高融点のWとの組み合わせにより、優れた耐アーク消耗性、耐溶着性を発揮し、同時に導電性が高く、また被削性も備えています。放電加工用電極材としてはS-15が使用されています。

  • Ag-WC

    WCはWより耐アーク性はやや劣るものの耐酸化性が高く、接触抵抗の増加が少ないので、開閉回数が多くかつ、耐アーク性も必要な場合に使用されます。

  • Cu-W

    Ag-Wと同様、優れた耐アーク性、耐溶着性と高い導電性、被削性を兼ね備えています。Cuの酸化の影響を避けることが必要であり、油中或いはガス中での使用の他、投入時に、摺動を伴なう場合には気中でも使用できます。放電加工用電極材としては5W3が使われます。

  • Ag-WC-Co

    1365は、三菱金属の超硬工具の優れた技術を生かした接点材料で、WC-Coの高い硬度と化学的安定性がAgの高い電導度とバランスした耐アーク消耗性と接触安定性を兼ね備えた中・重負荷開閉器用の優れた接点材料です。

品種 成分
(重量%)
品種 硬度
(HRB)
密度
(g/cm3)
抗析力
(kg/mm2)
Ag-W 20-S 27.5Ag-72.5W 49 90 15.6 91.4
Ag-W 35-S 35.0Ag-65.0W 55 83 14.8 84.4
Ag-W 45-S 45.0Ag-55.0W 63 69 13.8 63.0
Ag-W 50-S 49.0Ag-51.0W 65 55 13.5 56.5
Cu-W 1W3 45.0Cu-55.0W 53 79 12.6 77.3
Cu-W 2060C 40.0Cu-60.0W 55 88 13.0 81.0
Cu-W 3W3 32.0Cu-68.0W 50 90 13.9 91.4
Cu-W 5W3 30.0Cu-70.0W 48 95 14.2 102.0
Cu-W 10W3 25.0Cu-75.0W 46 98 14.7 105.5
Cu-W 20W3 22.5Cu-77.5W 44 100 15.2 107.0
Cu-W 30W3 20.0Cu-80.0W 42 103 15.6 110.0
Ag-WC G-12 65.0Ag-35.0WC 57 57 11.9 45.7
Ag-WC G-13 50.0Ag-50.0WC 47 91 12.4 66.8
Ag-WC G-14 40.0Ag-60.0WC 37 100 12.9 84.4
Ag-WC 3042 58.0Ag-42.0WC 52 80 12.0 56.3
Ag-WC-Co 1365 35.0Ag-60.0WC-5.0Co 29 100 12.6 85.5

※日本電産サンキョーシーエムアイ株式会社 カタログ参照

Ag系接点の標準品種

  • Ag-CdO

    粉末冶金法によるD54、溶解・内部酸化法によるD54X、前酸化法によるD54Fのように3つの製法があり、用途に応じた適応ができます。
    中・軽負荷用として、極めて適用範囲の広い、通電性、耐溶着性、耐消耗性を兼ね備えた優れた接点材科です。

  • Ag-Ni

    粉末冶金法をベースとして製造されますが、Ag-CdO、L700、F800と同様に、板や線に加工できます。
    Ag-CdOに次いで耐溶着性の高い中・軽負荷用の接点材科です。

  • L700

    L700シリーズは、Ag-CdOよりも耐溶着性、耐消耗性に優れており、機器の小型化、高性能化の要望を満たす画期的な接点材料です。
    現在廃盤になっています。

  • Ag-WC-Co

    L700シリーズの接点に改良を加えたハイグレード化接点と位置付けし、各種リレースイッチに好評を得ております。

品種 成分(重量%) 電導度(%ACS) 硬度(Hv)
焼鈍
密度(g/cm3) 抗張力(kg/mm2)
焼鈍 冷間加工
純 Ag 100Ag 104 25 10.5 17.5 31.5
Ag-Ni D-510F 90.0Ag-10.0Ni 87 60 10.3 17.6
Ag-Ni D-50F 85.0Ag-15.0Ni 80 62 10.0 19.0
Ag-Fe D-57F 90.0Ag-10.0Fe 90 63 10.2 21.8 27.8
●F-801F 91.0Ag-9MxO 75 110 10.1 36.0
●F-803F 89.0Ag-11MxO 73 110 9.9 36.5
●F-807F 86.3Ag-13.7MxO 70 115 9.7 35.5

※日本電産サンキョーシーエムアイ株式会社 カタログ参照

よくあるご質問

海外の安い材料が入ってきている現状について、御社の考えと対応を教えてください。
根本的な問題として、海外製品の価格優位性が以前ほど無くなってきている現状があります。その一方で大一電機の製品は社会インフラなどの重要な部分で使われているものが多く、品質検査も厳格です。仮に検査上は問題がなくても、万が一実際の使用現場で問題があれば、重大な事故につながる恐れがあります。そのため、材料の中身や品質について、満足できる確証が得られていないものは使用いたしません。高品質を追求する姿勢は、弊社の信用に大きく寄与していると実感しております。
入手困難になっている金属部品を作っていただけると聞きました。どんなものでも可能でしょうか?
再生を希望される部品の現物があれば、そこから同じものをお作りいたします。もちろん見た目だけでなく仕様や性能についても十分に考慮した上で再生を行いますので、ぜひ一度ご相談ください。
他社で断られた仕事があり、やってもらえる会社を探しているのですが相談してよろしいですか?
はい、喜んでご相談をお受けいたします。ロウ付け加工は素材選びや職人の腕などによって技術的なばらつきが大きいため、ご相談をいただければ解決できるかも知れません。